2007年07月03日

舞妓Haaaan!!!

笑てストレス解消しよ思て1日に映画館へ行ってきたんどす。
ネタばれもありますよって気いつけとくれやす。

舞妓オタク(でもお座敷デビューはまだ)のサラリーマン・鬼塚公彦(阿部サダヲ)が"舞妓はんと夢の野球拳"を追い求めて突っ走るコメディ。
まさに阿部サダヲ・オンステージ!!! 特に前半は目指せお座敷!な主人公の勢いに引っ張られるようにさくさく進みテンションが高く、後半はシリアスな味付けも入りちょっと緩くなったけど、祇園のしきたりやら公彦が舞妓はんにハマったキッカケも書かれてるし、細かい遊びもそこここにあってツッコミ入れつつ笑わせてくれた。

また、駒子さん姉さん(小出早織:京都出身、舞妓さん似合い過ぎ!最初本職か思た)ほか、公彦のライバルプロ野球選手の内藤貴一郎 (堤真一)、パートの良江(キムラ緑子)、お茶屋の女将(真矢みき)などなど要所要所の役者さんが関西出身というのもいい。インタビュー番組で堤さんが「僕は兵庫出身なんで厳密には違う」と言ってはったように細かいとこは違っても、それイントネーションから違う〜(泣)といった違和感はなかったんで、京都な雰囲気に浸ってられて○。

後は舞台等でお馴染みな方たちが次々出てきて楽しい。係長は生瀬勝久、東京の同僚は大倉孝二。お茶屋の下足番で渋く木場勝巳さんが出てきたと思えば、北村一輝の医者は2シーンしか出ないのに妙に濃い。そして、橋本さとし(お茶屋の男衆さん、ミュージカル要員っすか?)、秋山菜津子(結構重要な役。エロいですねーさん!)に至っては公式サイトに名前もないし〜。

そういやエンドロールの最後にこれが最後の出演作になった植木等さんへのメッセージが出たけれど、完成品は見てから逝かれたのやら。
posted by あさみ at 01:41| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようさんどす〜。

観にいかはったんどすなぁ〜。
ほんに、おもしろうおいやしたなぁ。
辛口映画評には、中身がない、いうたはるお人も
おいやしたようですけど、
なかなか、最後の着物選びなんか、渋い展開どした。
うちに一押しは、やっぱり、あのお医者はん。
顔の割には(爆)お声がたこうおいやすから、
あの役は、ぴったりどした。

キャンペーンの蝋人形の意味が、最後にやっとわかった映画どした。
この勢いで、「朧の森に棲む鬼」のゲキ×シネも成功したら、よろしおすなぁ。

以上、イントネーションは京都弁で読んでおくんなはれ。
Posted by きたこ@香野 at 2007年07月03日 09:05
こんにちは。
見たい!早くみたい!なのに今週は何故か忙しい・・・。
明日のレディースデイを狙いたいのですが
映画に間に合う時間に退社できるかが問題です。
ダメだったら土曜日行きたいと思います。
それまでやってるかな〜?

ところで柴崎コウさんの京都弁はどうでしたでしょう?!
Posted by ねこ江戸 at 2007年07月03日 11:13
こんにちは。

>きたこさん
いやぁ〜ねえさんも見にいかはったんどすか〜?おもしろおしたな(天王山の向うからツッコミ入りそうなんでヘボな京言葉はここらでやめます)
中身ないって批評もあったんですか。コメディだし、私は後半のシリアスはもうちょい少なくてもよかったかなーとか思ってたんですけど、これも好みの問題でしょうね。
また事前情報はほとんどなしで行ったんで、脇の役者さんの登場シーンで一々拍手しそうになってました。

>ねこ江戸さん
こっちは13日までのようですが、お江戸はどうでしょう?今日お仕事早目に切り上げられますようにお祈りしてます。
あ、ヒロイン飛ばしてましたね(^^;
柴崎コウさんも野球拳シーンの「アホか!」辺りはよかったし、コメディエンヌっぷりはまずまずでしたよ。一番可笑しかったのは「あんさんのラーメン」の店頭販売で計算間違う所。後ろでこけてる大倉さんも要チェックです。
Posted by あさみ at 2007年07月04日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。