2007年06月18日

モウさんとアブラさん

持ち帰り仕事をしてる最中ですが、またチェルシーの話題。


海外フォーラム経由で見にいった News of the World で、モウリーニョ監督が
オーナーのアブラモビッチとの確執について語ってます。タブロイド紙なんでどこまで正確に言葉を拾ってるか分からないけど、結構中身がまともっぽいように思えたんでちょっとメモ。

インタビューは冬の補強拒否や次の監督候補etcで辞めかけた話、そしてCL敗退でがっかりしたアブラさんと物を言わなくなり、そして去年までケニヨンと三人で話してた移籍話にオーナー氏が参加しなくなったと。でもアブラさんはチェルシーの100%の持ち主だしシステムは変わったけど繋がりはあるよ、といった内容。

まず"自分が成熟した状態にいなかったら辞めてた"って下りで、思いとどまってくれて良かったよーとマジに思ってしまう辺り、かなりモウさんに嵌められてる。でも、やっぱ今のチェルシーはこの人のチームに見えるんでいなくなると困る。
記事では回りくどくなった決済ステップも語られていて、今年の移籍金なしのケチケチ補強3連発(でも、地味だけど面白いとこ取ってる気はする)はこれらの影響かもしれないと思わせられた。

そして、モウリーニョの台詞としてじゃないけど、この記事でも確執の原因の1つにあげられてるシェバ。残るって言ってたんだからミランの会長も放っといてやればいいのにーと思うけど、ご本人はどーなんでしょ。
マスコミにずっとひと括りにされてたバラックについては、最近のTimesのモウさんコメントで、フリー移籍で取れるチャンスだったから取ったとあったけど、オーナー絡みの温度差もあったのかなと今さらながら思ったり…。

とここまで書いてて、インタビュー丸ごと作文でなければいいっすね(笑)

あ、いかん仕事せねば。
posted by あさみ at 02:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。