2007年05月17日

FA杯決勝を前に…

チェルシー監督 犬原因で逮捕さる。出所はSunだそう。

何事かと思ったら、愛犬のヨークシャーテリアが必要な予防接種を受けてなかった疑いで衛生局に連れて行かれそうになったのを拒否。犬を逃がしてしまって同行の警察官に公務執行妨害で逮捕。注意で釈放、ということらしい。

FA杯決勝を前にしてミケルお前もか…。で、ベンチ入りメンバーの遣り繰りも大変な時に、お家でも大変だ〜(^^;と、ちょっと微笑ましくて笑ってしまったけれど、逃がしたワンコさんは見つかったんでしょうか。衛生局もわざわざこの時期に来なくてもねー、マンUの差し金ってことは?(そりゃないか)

そういや以前モウさんと選手がハグしてる写真を見て「大きな犬をよしよし」してるみたいとおっしゃった方がいたけど、実際に犬を飼ってたと聞くと余計にそう思えてしまう。走るの速いのやら体の強いのやら、よかったら誉める「ヨーシヨシヨシ」(ってムツゴロウさんかい)。今季は差し詰め"毛色の違った犬が来た"って感じなのかも。でも、馴染むのに苦労してたドイツ産の大型犬とウクライナ産の毛並みのいいのは残念ながら怪我で出られない。

その他も怪我人だらけで、後ろから押せず勝ちきれずの引き分け続き。最後の最後まで余裕がない状態でのFA杯。15人しかいないからGKのイラーリオを前で使うよと飛ばしてはりましたが、ロッベンとAコールは一部出られるとか。しかし、人数が少ないのには変わらないし、とにかく怪我人も退場者もなく終わって欲しい。

まあもし、ホントにイラーリオを前で使って大活躍した日には、あのツェフとクディティーニが倒れた穴を埋めた件とまとめて"スーパーヘルパー賞"でも差し上げましょう。

さて、こっちはドイツ。
ヒッツさん来年で完全に監督業から引退。好きな監督さんなんだけど、今季は途中登板だったしこっちが考える以上にハードな職業なんでしょう。来季1年でどこまで建て直せるか期待してます。
posted by あさみ at 12:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。