2007年05月13日

ルールダービー


プレミア戦線は決着したけどまだ終わってないのブンデスは。

どのチームも途中で次々と躓いたせいでブンデスリーガは残り2節を残してシャルケ、シュツットガルト、ブレーメンが1pt差ずつの大混戦に。昨夜は全試合同日開催で裏も気になったため、ここはネタバレの多い金子・倉敷コンビっしょ、ルールダービーで盛り上がりそうだし〜、とドルトムントvsシャルケ04を選択。

熱狂的なファンを持つ両チームのダービーマッチでシャルケは優勝に絡んだ大事な試合。しかし、昨日はドルトムントホーム。なんとか残留を決めたばかりのドルもここでライバルチームに優勝決められてなるものかとばかりに選手もスタンドの黄色い群衆もめちゃくちゃ熱い。実況2人組もソワソワと他会場の結果言いまくってたけど、ブルーとイエロー両サイドの騒ぎも素晴らしく、余所の点の入った時間帯までほぼ分るような状態に…。

試合の方は、シャルケにはプレッシャーもあったのか、点を取れる人間が限られているのが問題なのか、スタンドの熱気にも後押しされてがっちり守り切ったドルトムントに2-0の完封負け。ノイヤーのスーパーセーブなどはあっても点が取れないと勝てない。
ドルは2点とも移籍でこの試合がホーム最後となるDFメッツェルダーの上がりから。試合後、メッツェのいたく満足そうな表情とスタンドのシャルケサポの泣き顔が交互に映るのがとても残酷だった。かなり不利な状況になってしまったけど、まだ完全に終わってないし、最終節、意地を見せて欲しい。

で、上の中継のお陰でイマイチ力の入らない観戦になったボーフムvsシュツットガルト戦は2-3。どっちもどっちのイケイケ状態だったけど、シュツットガルトは3位で捨てるものがないのが良かったのか、この結果で見事に首位奪取。早速復帰ゴメスが点決めてるのも大きい。

そして一番の驚きはブレーメン!ホームでフランクフルトに1-2のまさかの敗戦。今季はシャルケとシュツットガルトに直接勝ててないから、もし優勝しても微妙かなとは思ってたけどここで脱落するとは…。やはり思ったようにいかないのが勝負事のようで。
posted by あさみ at 22:02| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
昨日のブンデスは「まさか」の展開となりましたね。わたしは昨日はルールダービーを中心に観戦していたのですが、あさみさんが書いてらっしゃるように、試合後は本当に残酷な映像で・・・シャルケファンと一緒に何故か涙を流しつつ、メッツェの表情にうっとりしてしまいました(笑)どちらかのファンだとまさに天国か地獄かだったのでしょうけれど、これがダービーだ!というゲームと選手とファンの姿に感動しました。
自力優勝がなくなったシャルケですが、マイスターたりえるチームとしての意地だけは見せてほしいですよね。
Posted by オカジ at 2007年05月13日 23:05
こんにちは、オカジさん。コメントありがとうございます。
結果次第では優勝決定もありえた日の首位陥落とライバルに一矢報いたチーム、まさに天国と地獄でしたね。33節のプレビュー番組で冬にHSVに移ったGKロストが「シャルケサポは負けると1週間落ち込んでるけど、HSVでは翌日には忘れてる」と言ってたのを思い出し余計に重い気分になってしまいました。前期バイエルン戦での19分04秒の沈黙など、ホントに一緒に戦ってる彼らに最後の力を見せてあげて欲しいです。

メッツェにうっとり…実は私もです(笑)でも、すごく穏やかないい表情してましたよね。行き先はレアルでしたっけ?ゴタゴタしているクローゼ周辺などと比べると円満な移籍になりそうですし、そういう意味でも良かったねと声を掛けたくなりました。
Posted by あさみ at 2007年05月14日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。