2005年02月12日

終戦のローレライ(前編)

3月の映画公開に合わせて出た文庫I・IIを購入し、読むのは3度目。

福井晴敏さんの本は世代的にも近く若干船オタク気味の私には合うんだろう。いつも一気読みしてしまう。歴史や時事に絡めなながらも徹底した活劇でマニア入ってて、必ず若者とうだつの上がらないようでいてイザとなったら踏んばるおっさんが出て来て、もしかしたら実際の戦争を知らない世代だから楽しめるのかもしれないと思いつつも手に汗握ってる。
また、個人的に船好きでウロウロしてたせいで、江田島や広島湾の風景だとか前に見た光景がふっと重なるのも面白い。

映画では役所さんが艦長役だけど、前に読みながら想像してたのは内藤剛志さんだったなーと思い出しつつページを繰ってるとあっという間に読了。もうオチは分かってるんだけど
・・・早く後編読ませてください。
posted by あさみ at 01:52| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ローレライ」は今1だけ読みました。
2は明日私に回ってくる予定です。
その間に「亡国のイージス」を読了しました。
今日は一日中読んでた気がします。
「イージス」は現代版だけど、「ローレライ」は
終戦直前の日本が舞台なので、父の海軍時代の写真を
思い出したりしてます。(駆逐艦乗りでした)
生きていたら、「おもしろい」と言って「ローレライ」
を読んでくれそうな気がします。

後編は15日頃に出るようですね。
Posted by ねこ(江戸) at 2005年02月13日 21:06
こんにちは。こっちもレス遅くなりまして・・・。
父上の面影と重ねて読まれるとまた違った趣がありそうですね。私は1巻では江田島の教育参考館のシーンで数年前に見学したのを懐かしく思い出しました。
後編の2冊買いましたが忙しくて手がつけられずです。

映画は原作とは別に再構成されたようですが、どんなでしょうね。
Posted by あさみ at 2005年02月21日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。