2010年09月21日

「はやぶさ」帰還カプセル

hayabusa.jpg


ミーハーにも見て参りました。はやぶさのカプセル。
展示されていたのは帰還カプセルの「インスツルメントモジュール」「搭載電子機器部」「パラシュート」の実物3点と地上試験用に制作された「エンジニアリングモデル」1点だったんですが、場内の案内で「これは模型ではありません。本物です。手も加えていません」と繰り返してたのも宜なるかな。大事なサンプルを持ち帰らにゃならん部分だけあって焦げた部分はあるものの想像よりずっと綺麗で、7年60億万kmも旅してきたとは思えないくらい。YouTubeの動画じゃないけど「こんなこともあろうかと!」な仕掛けを施しておられた技術者さん達のすごさと粘りに6月のネット中継の時とは違う静かな感動が。各地で様々な角度から撮られた大気圏突入時の写真パネルも綺麗でした。

本当によく帰ってきたよ。

大阪での公開は明日まで、終わったら東京に帰るそうです。

posted by あさみ at 01:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

おお〜、いいですね!
日本のものづくりに携わっているものとして、
一度拝んでみたいものですよ。
Posted by れいく at 2010年09月21日 13:40
れいくさん、お久しぶりです!

残念ながら写真撮影はダメだったんですが
機会があれば是非是非実物拝んでください。
見てるとじーんと来る機械なんてそうそうありませんよー。

「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」もまだ近場で
上映してるのでミーハー根性発揮して見にいくつもりです。
http://hayabusa-movie.jp/
Posted by あさみ at 2010年09月21日 20:40
わたしも行ってきたんですよ〜
19日と21日の2回も…(^^;
(20日には「はやぶさトークショー」行って来たし…)

21日は平日だったせいか、年配の方々が多くて
並んでる時に「なんでイトカワのサンプル採取用に、ラジコンカーみたいな機械持って行かなかったんやろね?」って会話してる老夫婦に
「イトカワには重力が無いから車輪だと空転するからだそうですよ」って、おせっかい解説したり
「展示されてたカプセルってどの部分かしらね?」とか言ってるおばさま達に
「ここですよ」と指差して教えたり…
ちなみにこのおばさん「じゃあはやぶさ本体はどこに(展示or保管されている)あるの?」と聞いてきはったんです!!
「大気摩擦で燃えました」と、燃え尽きるはやぶさの写真をまた指差したんですが
世間の認識ってそんなものー?!
地球に帰還するスペースシャトルが一般的になってるから、はやぶさもそうだと思われてるんでしょうか?!(・・;
Posted by かずべい at 2010年09月22日 23:29
こんちは。おおっ、トークショーまで行かれたんですか。
いいなー、私は別の予定が入っていたので断念したんですよ。
そしてかずべい殿は立派な即席解説員になったのですねw

新聞に突入時の写真載ってたやんか、ねぇー。
でも、私が行った日にも本体はどうなったの?って仰ってるおばちゃんいたんですよ。「まいど1号」とゴッチャにしてる風なお父さんもいたし(^^;
片方ではめっちゃ熱心に科学館から来てた係の人に質問してるお兄さんもいて、興味の持ち方も人それぞれなんやなーと思いましたわ。
こちとらネット中継見るべく時間前からパソの前に座ってソワソワしてたのにさ。
Posted by あさみ at 2010年09月24日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163271716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。