2010年06月14日

はやぶさ帰還ライブ

探査機「はやぶさ」無事帰ってきましたー。
NASAやニコ動のネット中継はアクセスが多過ぎて弾かれたけれど、和歌山大学の中継ライブで見ることができ、思わず画面の向こうの人と一緒に「おっしゃ来た!」と騒いでましたよ。ほんの数秒だったけど春の大三角形をバックに雲が輝く光芒が綺麗でした。

昨日見に行った地元のホタル祭りでの小さな光、帰還して燃え尽きた「はやぶさ」の最期の輝き、どちらも儚いけど確かにそこにいた。

・録画映像
 http://www.ustream.tv/recorded/7634995
posted by あさみ at 00:03| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
お元気ですか?(^^)

私も見てましたよ!正座して(笑)

でも残念なのはマスコミの扱い。
凄い事なのに(つーても私も最近まで、どれだけ凄いか理解していなかったんですが…)
生中継は無理でもせめて速報を流してくれても良いだろうに。
W杯と被って無かったら、もうちょっと盛り上がったんでしょうが。
ちなみに昨日の私のmixiの日記は「はやぶさネタで何件日記書いてンねーん!!」な有様です(苦笑)

さて(ФωФ)フフフ…
金属の塊にこれだけ心奪われた私を、どれだけ盛り上げてくれるのか…
見せて貰おうかサッカー日本代表の諸君。
ただでさえ「6月14日はモリシの日ー!!」とモリシサポ的に気合い入ってるんだから、不細工な試合した日にゃあ…(以下略)(゚д゚;)))アワワ!

ところで…
最後の最後にこれ↓で泣かされました。
http://twitpic.com/1wh78q
はやぶさ…あんたって子は…(Ω▽Ω)
もちろん、待受画面にしております!!
Posted by かずべい at 2010年06月14日 11:10
こんにちは。

ホントに、すごいことなのに・・・です。

私はサッカーはどうでもよくて、
はやぶさのニュースだけを
昨日は楽しみにしていました。

無事にカプセルは地上へ、
そして はやぶさは・・・・。
うーん、涙なくしては読めない記事でした。
Posted by きたこ@香野 at 2010年06月14日 11:55
NHKのニュースで観ました。
火花となって落ちてゆく「はやぶさ」がなんとも悲しかったですが、カプセルの中身を思うと心がわくわく致します。

「はやぶさ」最期の映像は涙で滲んでいる地球に見えました。
無事に砂一粒でもちりの一片でも入っていると良いのですが・・・。
Posted by ねこ江戸 at 2010年06月14日 12:23
 和歌山UNIVのヤツ見てました。一瞬、且つちょっとタイムラグあったけど燃え尽きるところが見えました。

 技術的にも快挙。感慨深いです。涙が出てきます。

 上記の方も書かれていたとおりニュースの扱いが
冷たいなあ。
Posted by TOMO at 2010年06月14日 20:00
>かずべいさん
14日付朝刊各紙では1面扱いだったのにTVはほぼスルーしたらしいですね。NHKも後で映像流せるんならBBC放映分みたく分かりやすい解説付けてやれば良かったのに、仕分け対象にしたどなたかに遠慮なさってたんでしょうか?

さて、ヤマトの諸君……じゃなくて青い八咫烏さんたちやりましたね(^^)最小得点で最後なんて防戦一方だったけど勝ちは勝ち。この先も多くは望みませんがあんまり情けない試合はして欲しくないです。

>きたこさん
こちらは何でもがっつり喰い付いてます(笑)最後に撮った地球の映像にはじんときましたし、カプセルも無事回収できてよかったですね。

>ねこ江戸さん
任務をやりきって消えていくってロマンですよね。これで中身も入っていたら御の字だけど、あのアクシデントの連続から帰って来ただけでもすごい成果だし、先を見越した技術者さん達の仕掛けもあっぱれだと思います。

>TOMOさん
ウチもタイムラグありつつの鑑賞でした。予定より3年遅れでしたっけ?行方不明になったニュースを見た時はだめかと思いましたが、よく辿り着いてくれました。
サッカーであれだけ「右へ倣え」な報道するTVが、何故こういう快挙を大きく取り上げないんでしょうね。謎です。
Posted by あさみ at 2010年06月15日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153189844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。