2004年12月18日

ガラスの仮面

少女マンガの長期連載で、いつ終わるの?と言われてる1本の「ガラスの仮面」。
もうやめようと思いながら、新刊が出ると聞いて本屋へ行ってしまった・・・。

ドラマにもなったし、原作をご存じの方も多いでしょうが、やーっと42巻が出ました。「紅天女」に近付くにつれてホントに話が進まない。それに単行本時に加筆するから連載分からどんどん話が変わって、収集が付かなくなってる感じ。私は未読だけど友人によると相当な量の雑誌掲載分があって、亜弓さんの目がどーとかいろいろあるらしいのに、いつになったらそこまで来るのやら・・・。

読んでの感想、桜小路君が携帯使ってるのに笑ってしまいました。
最初黒電話、赤電話だったのが、公衆電話の形やらコミックス内で変わって来てましたが、とうとう携帯・・・。いっそ数年前の時代設定のまま通せばよかったのに(^^;
さて、続きはいつなんでしょう?
posted by あさみ at 00:49| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
これから忘年会なんで、外からです。

携帯電話とマヤの神田川アパート(爆)、
突っ込み入ってましたよ〜。(笑)

私も自分の作品を描き始めたのが80年代で
携帯とかの扱いに困ってます。
原則として時事ねたは入れない、にしてます。
資料集めた頃を舞台にして、
てきとーに誤魔化すしかない、というのが
私のスタンス。
音楽の話もでてくるんですが、
メインがジャズなんで、レコードでも違和感がない。

Posted by きたこ@香野 at 2004年12月18日 12:42
こんばんは。
ガラスの仮面ってまだ続いていたんですねー。
読んでたのは最初の方だけで、今は読んでいません。
既に、話しには付いて行けなくなっています。

漫画の世界も大変ですね。
ドラマも最近は携帯が出てくるのが当たり前で
以前は連絡したくても電話が無いというのが
恋愛ドラマには不可欠の要素だったのに
最近は「携帯あるのに何で連絡とらないの?」って
いう見方に変わってきています。
おかげで効果さんは毎回着メロで泣かされています。
ベルなら簡単なのに・・・・
(音楽は著作権が絡むから面倒)
Posted by ねこ(江戸) at 2004年12月19日 03:00
こんにちは。
すみません、内職に勤しんでてレス遅れました。

>きたこさん
長期連載になるとズレはどうしようもないんですが、作品によりけりですよね。
例えば元々時事ネタ被ってる「沈黙の艦隊」は連載中に現実にソ連解体で冷戦構造が崩れて着地点がズレた感がありますが、あの手はそれも入れなきゃ仕様がない。けど、「ガラスの仮面」は別に80年代のままでもいいし、新しいものをキーになる所で使わなくてもいいのになーと、気分的にちょっと前の大映ドラマを見てたら妙に若作りした同年代が出てきたような変な感じがしました。ベタでいいやんベタで。

>ねこ(江戸)さん
まだやってるんですよ。それも恐ろしく話が進んでないでーす。
ドラマの現場も大変そうですね。昔はすれ違いシチュエーション必須の電話がどこでもになっちゃって公衆電話も使わない。着メロはそれ用に曲作ったり?母がよく見る2時間ドラマ系でも謎解きにパソコンやらメールやらが入ってきてたりしてるんで、ライターさんも大変やなーといつも思ってます。
Posted by あさみ at 2004年12月22日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。