2008年12月15日

ウーマンリブVOL.11 七人は僕の恋人

作・演出/宮藤官九郎
会場/兵庫県立芸術文化センター中ホール 2008.12.14.昼
出演:伊勢志摩、宍戸美和公、猫背椿、田村たがめ、荒川良々、平岩紙、少路勇介、星野源、宮藤官九郎、峯村リエ、遠山景織子、池田成志

今年最後の観劇は「年忘れ!馬鹿全開でなるしーと遊ぼう♪」ネタモノ舞台となりました。

1週間前とは180度違って下ネタありい歌あり踊りありのお笑いオムニバス。一応「生きる」「バトルロワイヤル」「惑星からの物体X」「夢」「サウンドオブミュージック」「ブラックレイン」「友だちのうちはどこ?」「ゾンビ」をモチーフにしてるそうですが、全く原型留めとらんので元ネタ知らずとも全く問題なし。

実は私ずっと泣いてました。笑いすぎて涙出てきて、何度も涙ぬぐうから左の目尻が痛い痛い。1発目からシュールなお衣装で、どこまで行くんだこの人たちはと、初めから最後までゲラゲラ笑いっぱなし。
一番のお気に入りは伊勢志摩さんのCR機ネタ。それに我らがアイドル・ズッキー♪客席に落ちたカツラを素直に投げ返してくれたお客さんに「西宮に来て初めてのいい人だ」とかおっしゃってたが、これまで舞台では直ぐに返して貰えなかったったのやら。
その他、天狗の鼻付けたビーチバレーや歌舞伎町の保母さん、ホームドラマ風味のカマドウマなど説明不可。
さすがにぶっ飛ばして疲れるのかカーテンコールはなしでしたが、大笑いですっきりでした。緞帳の後ろでお父さん倒れてなきゃいいけど…。


そうそう、今回の会場は西宮北口。最後に行った頃にはまだ西宮球場があったので辺りの変わりっぷりにキョロキョロしてしまった。大きい建物が変わると方向もおぼつかない。
posted by あさみ at 00:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

カマトトさんが困るネタでスタートしましたね。
齢半世紀、大爆笑しましたです。
ここからもんもん学園に突入しても。(笑)
(見てない人には意味不明)

最後、孫までいる元アイドル、ズッキー、
あんなに歌うとは思いませんでした。

東宝さん、呼んであげて、なるしー、
ミュージカルに。(笑)
Posted by きたこ@香野 at 2008年12月15日 12:09
こんにちは。
笑ったモン勝ちなネタでしたよねー。
遠山景織子さんも濃い中でよーやるし、平岩紙さんのキャハハ笑いが耳に付いてます。
生ギターの時はクドカン自身も上で笑ってたし。

なるしーのスタミナは本当に謎ですよ。あの出演作の多さといい、2、3人存在してローテーションシフト組んでると発表されても驚きません。
Posted by あさみ at 2008年12月16日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。