2008年12月14日

珍しい大河ドラマ

NHKの大河ドラマ「篤姫」が今日最終回を迎えました。

このドラマ、視聴率が良かったそうですが、ウチの母も珍しい事に第1話から最後まで完走し正直驚いとります。宮崎あおい嬢が上品で可愛いと言って見始めたけど、連続ドラマの苦手な人だけによもや長丁場の大河ドラマで完走するとは思いもよらず。そりゃあこういう人も見てるんだから視聴率も良かったやろと納得。

でも、私が一緒に見るとついついツッコミをいれてしまうので、さすがに煩かろうと思ってドラマが始まると席を外し、自分は例年通りBS録画分を見てました。
特に後半は大奥舞台の構成の都合上か、脚本家さんが政治背景に興味がなかったか、話の端折っぷりと辻褄の合わなさが気になって気になって。脱落はしなかったけどツボが外れたままでした。

最近は定期的に回ってくる幕末物。今回は一応「大奥と薩摩」2年後には龍馬伝で「土佐」なので、その内に「長州」もやってやってくださいませ。私的に一番取り上げて欲しいのは幕府官僚の群像劇なんすけども、地味過ぎてお客ついてこなさそうなんで(^^;
posted by あさみ at 23:39| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

戊辰戦争も見事にぶっとんでましたけどね。(^^;

井伊大老の扱いが好きでしたね。
「その時歴史が動いた」で見た、
文化人としての井伊の一面も見せてくれたし。

はしょり方が結構うまかったかな、と思ったりして。
物凄く分かりやすかったから。
Posted by きたこ@香野 at 2008年12月15日 00:05
こんにちは。
最終回の視聴率が28.7%、最高視聴率はラス前々の幽霊家定が出た回だったそうです。って事は堺さんのファンが多かったって事なんでしょうかねぇ。
新選組はもちろん戊辰戦争もはしょり、どこが幕末ものやねん!な結末でしたが、世のアラフォー以上の女性達は毎週涙して見ていたのでした。
かくいう私も、直五郎さんの死に目には、もう涙涙でございました。
歴史ドラマとはまったく言い難いというか、恋愛ドラマに近かったんじゃないだろうか。
というのが私の感想です。
「天地人」はどうなるでしょうねー、ちょっぴり期待しちゃってますが、裏切られるかもと不安でもあります。
Posted by ねこ江戸 at 2008年12月15日 14:43
こんにちは。

>きたこさん
分りやすかった、これに尽きるんでしょうね。
久光さんの微妙な描き方などは面白かったとは思いますが、後半の安楽椅子探偵状態がちょっと…何のための小松帯刀ぞ、何のための西郷、大久保仲良し設定ぞと思えちゃって。
天璋院目線に絞られていて、彼女の見なかった話、都合の悪い話はなし、つうのが潔かったのかもしれませんが。

>ねこ江戸さん
トップ視聴率は家定様再びの時がだったんですか。最後の小松さんも持って行きましたね〜。
恋愛ってか「家族」がキーワードの姫様ホームドラマ的な印象でした。なので大事なお家(江戸城)が燃えた話なんか入ると面白いんじゃないかと思ってたんですが、華やかさが失われるとダメなのかな?
以前ホームドラマ的と言われた「利まつ」も苦手だったし、同じくアラフォーだけど何か外してるのかもしれませぬ(シクシク)

「天地人」は直江ファンの友人がめちゃ楽しみにしてます。「風林火山」は好きでしたが、どんな切り口でくるのか結構怖い気もします。
Posted by あさみ at 2008年12月15日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111237908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。